【この音とまれ!】80話(2019年7月号)ネタバレ!練習時間のとれない通孝の選択とは…!?

更新日:

この音とまれ!

 

「ジャンプスクエア」2019年7号に掲載されている「この音とまれ!」80話 ひとりと独り のネタバレです。

段ボールの簡易お箏を弾きながらも、名都に言われた一言が頭から消えない通孝。

通孝はどういう選択をするのでしょうか…?

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【この音とまれ!】79話(2019年6月号ネタバレ!)家庭と部活を両立する通孝だが…

 

この音とまれ!(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「ジャンプスクエア」最新号がタダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:ジャンプスクエア最新号が無料で読めるサイトを調査!
本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

この音とまれ!80話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

薄暗い部屋の中、ひとり段ボールを弾き続ける通孝。

 

一方時瀬のメンバーは通孝からLINEの返信がないことを心配します。

通孝へのフォローができていなかったと自分を責める武蔵。

レコーダーを渡すだけでは足りなかったと同じように自分を責めるさとわ。

そんな中、愛は何も言わずに箏を弾き始めます。

それぞれ暗い表情ながらも、朝練をきちんとこなそうと練習をはじめます。

 

見えていないもの

侑はそんな先輩たちの姿を泣きそうになりながら見守ります。

朝練終了後、クラスで名都に声を掛ける侑。

「み…みっつ先輩から連絡返ってこなくなっちゃったって」

名都はそれを自分に言ってどうしろと?と聞きますが、その一言を聞いて侑は泣きそうになります。

 

「-んでそんな…どうでもよさそうなの…?」

「…部活ちょっとしか出ないで…た確かに百谷君はそれでも弾けてるけど、でもっ」

「みっつ先輩のがんばってる姿ちゃんと見てないから…っ」

「百谷君は平気であんなこと言えたんだ!」

 

暗い顔で名都の後ろに座る侑。

「ちゃんと見てねぇのはどっちだよ」

思わずこぼれ出たような名都の一言。

しかし、どんな表情で名都がそれを言ったのか。侑からその表情は見えません。

名都が”見ていない”と感じるのは、部のメンバーから見た通孝なのか、それとも自分のことなのか。どちらでしょうか。

 

 

嫌に決まってんだろ

昼休み、通孝のクラスに様子を見に行く、愛・実康・洸太・哲生。

しかし、クラスメイトに通孝のことを聞いても、誰のことかもわからない様子。

思わず固まるメンバーに、通孝のクラスメイトの1人が答えます。

「なーお前わかる?」

「あー…あいつじゃん、髪ピンクのぼっちのデブ!」

その一言に4人の表情は凍ります。

通孝が隠そうとしていたクラスの状況がついに知られてしまいました。

 

そして、学校に来ていなかった通孝。

家で段ボールの箏を弾き続けていました。

「高校入ってから初めてサボっちまった。でもチカじゃねぇけど、もう授業時間使うしかねぇもんな」

そう言いながらも、目の下に隈を作り、暗い表情の通孝。

練習できれば楽譜は今のままでも、と口にしながらも、多分それが難しいことは誰よりもわかっているのだと思われます。

 

外は雨。花ちゃんのお迎え前に、と買い出しに出ると、ちょうど時瀬の生徒達が。

部活のない生徒はちょうど下校時間だったようです。

クラスの連中に会っても、誰にも気が付かれないか、と考える通孝の前に現れたのは、名都でした。

バイトに向かう名都と出会ってしまい、気まずい通孝ですが、敢えて明るく言います。

「昨日!悪かったな変な空気になっちまって」

「百谷の言う通り、同じとこミスってて」

「でも今日久しぶりに家で集中して練習したらよ、大分マシになってきたぜ!」

学校を休んでまで箏の練習をする通孝に、名都は問いかけます。

 

「そんなに楽譜簡単にするの嫌ですか」

「そんなにダメなことですか」

通孝は「ダメなことではない」と言いますが、震えながら続けます。

「嫌に決まってんだろ…」

皆が全力で頑張っている中、一人だけ弾きやすいようにとか嫌に決まっている。

そういう通孝に名都は言います。

「先輩の状況考えたら仕方ないと思いますけど」

「それにー」

しかし、その一言に通孝は耐えられなくなります。

「仕方ないで片づけないでくれよ!!!」

 

全国大会は皆で努力して掴んだものです。

悔しいこと、無理だろうってこと、たくさんあったそういうものを皆で乗り越えた結果掴んだものです。

朝から晩まで練習して、全力で頑張って。それなのに…。

「ここにきて俺だけ全力でがんばれねぇとか…っ」

「嫌に決まってんだろ…っ」

はじめて本気でがんばってきて、今が一番がんばりたいとき。

だから意地だって張りたい。

泣きながら通孝は言います。

「何で入部しただけで全国行けちまうお前に、部活来ねぇでも弾けちまうお前に、楽譜簡単にすればいいとか言われなきゃ…っ」

「なんでお前にそんなこと言われなきゃなんねぇんだよ…!!!」

思いの丈をぶちまけて、名都の前から走り去る通孝。

だけど、自分の中では正論を言っている後輩に八つ当たりして、ガキみたいに泣きわめいて、最悪だ、とちゃんとわかっている通孝です。

自分が言ったことが我儘みたいだったとしても、それでも言われた「楽譜簡単にしてもらえばいいじゃないっすか」の一言はとても悔しかったものでした。

 

しかし、家に帰るとまた試練が。

桃ちゃんと彰くんが喧嘩しています。

その手には、通孝の段ボール箏がぐちゃぐちゃに壊れて握られています。

言い訳をする2人の言葉も耳に入らず、呆然とする通孝。

 

そこに、保育園から電話が。

桃ちゃんの調子が悪く、早くお迎えに来てほしいことを告げられます。

電話を切り、膝を抱える通孝。

なんで

どうして今なんだ

暗い気持ちを抑えきれずにいるところに鳴り響く自宅のベル音。

気持ちが落ちてしまいそうな通孝が出ると、そこには哲生が立っていました。

 

 

この音とまれ!80話の感想・考察

通孝にとって辛い状況が続きます。

うまくいかないクラスメイトとの関係。

思う通りに練習できない部活。

自分の時間を作れない家庭。

今までの生活と180度違う状況に立たされ、精神的にすり減っていっているのを感じます。

そこにきて名都との遣り取りと、唯一心の支えだった段ボール箏が壊されてしまった衝撃。

落ち込む通孝の元に現れた哲生は、通孝に何を伝えるのでしょうか。

 

どんどん沈んでいく通孝も気になりますが、個人的には名都の様子も気になります。

通孝と話していた時も、続けようとした言葉は遮られてしまい、彼が何を思っていたのかはわかりませんでした。

名都の過去を垣間見ると、週3でもちゃんと練習に出てしっかりやっているのは真剣に取り組んでいるのだと感じますが、ただそれでも必死に部活をやっているわけではないですよね。

その部分にどうしても他の部員と埋められない差異があり、それが名都と部員たちの不協和音に繋がってしまいそうなのが心配です。

 

そして、80話のサブタイトル。

ひとりなのは通孝で、独りなのが名都なのでしょうか。

それとも逆?

意味深なタイトルだな、と思いますが、現時点でははっきりわかりません。

 

なにはともあれ、81話では哲生が大活躍してくれるのを期待しましょう!

 

関連記事:この音とまれ!】79話(2019年6月号ネタバレ!)家庭と部活を両立する通孝だが

【この音とまれ!】81話(2019年8月号)ネタバレ!差し出される救いの手!

 

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:BookLive!

BookLive!

CMでも話題のBookLive!。

毎日引けるクーポンガチャ(無料)というシステムが面白くてしかもお得です。

また、無料最大50%OFFで読める漫画コーナーも常設されています。

2位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

3位:まんが王国

会員登録をしなくても無料で試し読みができるコミックがたくさんあるまんが王国。

無料の会員登録をすると無料で読めるコミックがさらに増えます。

また、月額コースに加入した場合は最大で3,000円分のポイントがボーナスで付くのでかなりお得です。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画全巻無料検証の杜 , 2021 AllRights Reserved.