【ブラッククローバー】207話ネタバレ!懐かしい魔力を持つリヒトの究極魔法とは

更新日:

 

ブラッククローバー

 

「週刊少年ジャンプ」2019年27号に掲載されている「ブラッククローバー」207話のネタバレです。

 

ブラッククローバー207話のネタバレになります。
前回206話で500年ぶりに再会することができたルミエルとリヒト。
今度は協力をして悪魔を倒そうと奮闘しますが、悪魔の強さは桁違いでなかなか倒すことができません。
アスタも反魔法で参戦しますが悪魔の言霊魔法に苦戦します。
そんな中リヒトはエルフ族の魔力を集めた魔法で悪魔を消し飛ばそうとしますが、はたして上手くいくのでしょうか?

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【ブラッククローバー】206話ネタバレ!500年の時を越えた再会と決着をつける戦い

 

ブラッククローバー(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると「ブラッククローバー」が1巻分タダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:ブラッククローバーが全巻無料で読めるか検証!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

【ブラッククローバー】207話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

 

ユノとアスタが感じるもの

 

苦戦するルミエルとリヒトの間から現れたアスタ。
悪魔は触れるもの全てを分解する槍と打ち合いになったことに驚きます。
しかしすぐに言霊魔法で遠ざけ刃の嵐を浴びせ、取るに足りないと結論付けました。

 

必死で刃を打ち返すアスタになお襲いかかる刃。
そこにユノやルミエル達が参戦し、それぞれの魔法で刃を消し去ります。
アスタは全員に向かってお礼を叫びますが、その声を聞きながらユノはリヒトを見ていました。

 

圧倒的に強大だけど、圧迫感のない研ぎ澄まされた刃みたいな魔力…だとリヒトの魔法を感じ、その凄さを感じます。
しかし同時にユノはその魔力を暖かく、懐かしくも感じていました

 

他方では、セクレが腕を斬られたルミエルの元に駆け寄っていきます。
そして封緘回復魔法で傷口を閉じてダメージを封じました。
元通りになった腕をみてルミエルは嬉しそうにお礼を伝えます。
その様子をみてアスタは「さすが初代魔法帝のお知り合いの人」と目を輝かせながら驚いていました。
しかし初対面な気がしない、雰囲気とか目つきが知り合いに似てると言いながらセクレに近寄ります。
そんなアスタに頬をつねりながら、戦いに集中してとセクレは冷たくあしらうのでした。

 

誰だってすごい魔法

 

そんなセクレに悪魔は便利な能力ですね、と感心するように言いました。
しかしこの世界の魔法…しかも四つ葉ですらない雑草にしてはと言い、さらに体を手に入れた私にとっては無価値な魔法と見下すように続けます。

 

セクレは悪魔に黙ってと怒り、500年前のルミエルとの会話を思い出しました。
四つ葉の光属性で凄いと言われるルミエル。
しかし本人はそれぞれに違いがあるだけで誰だってすごいと話します。
セクレの”開け閉めするだけ”と言っていた封緘魔法にもきっといろんな使い方が眠ってる、それぞれにしかできないことがある。
今作っている魔道具みたいにみんなが各々の力を皆の為に活かせたらいい国になると思わない?
そうルミエルは語っていました。
その会話を思い浮かべながらセクレは悪魔に、アナタが見下し踏みつけ弄んできたものに今日敗れると言い放ちます。

 

その言葉を聞いても悪魔は余裕を崩さずに笑い、ならば急いだほうがいいと言いました。
そして悪魔の魔法はいくら蹴散らしても私を倒さないと溢れ続けると。
出口が最上階のこの部屋のみなこと、のんびりしてると下の階の仲間たちが呑まれて死ぬと。
悪魔は言いながらうれしそうに嗤います。
そんな悪魔を見てアスタは怒りが隠せませんが、一方ではパトリがルミエルとリヒトでも倒せなかったことを思い出し焦ります。

 

 

エルフの怒りの一撃

 

その時、リヒトが言われずとも仲間と共に本気の一撃で今欠片も残さず消し果たすと、悪魔に向かって剣を構えました。
そして「きみたちの力も借りるよ」と言いながら剣を天に向かって掲げると、パトリとリヒトが光り始めます。

 

そのころ悪魔の魔法からサラマンダーで逃げていたフエゴレオンは、その正体がわからず忌々しく感じていました。
それと同時に一緒にサラマンダにー乗せていたエルフ達が光っていることに気が付きます。
未だに食欲の怒りをぶつけていたチャーミーですが、その目の前のリルのエルフも光っています。
さらにヤミと共に閉じこもっていたシャーロットのエルフも光りだしています。

 

同じころ、ノゼルの水銀魔法に乗りながらライアの治療をしていたミモザは最上階でとてつもない魔力が集まっていることに気が付いていました。
ライアも他のエルフ同様光っていましたが、突然リヒトの名を呼ぶと魔力が光の柱のように登っていきます
さらにファナとヴェットも魔力が光の柱のようになっています。
そうしてエルフ達の魔力は最上階のリヒトの元に集められました

 

リヒトは集まった魔力を剣に集中させると「くらえ…!!私達の怒りを!!!」と剣究極魔法”宿魔の剣覇劫”を発動させます。
その威力は恐ろしいほど強大で、リヒトが宣言した通り悪魔は跡形もなく消えてしまいました。
それと同時に王宮の壁も消えてなくなります。

 

何もなくなった空間の前にたたずむ一同。
アスタはひたすら驚き、ユノも言葉がでないほど魔法の格の違いを感じていました。

 

剣の本当の力

 

リヒトの魔法にさすがというパトリ。
しかし、その時消し飛んだ悪魔が元居た場所に何かがあるのに気が付きます。
それは悪魔の心臓でした。
心臓は「治りなさい」と言霊魔法を発します。

 

その瞬間悪魔は体を取り戻し始め、あっという間にほとんど元の姿に戻ってしまいました。
体を取り戻した悪魔は、だから言ったでしょう、アナタ達に私は殺せないと…と嗤います。
パトリは魔法の威力やダメージに関係なく再生する悪魔に焦り、どうすれば倒せるか考えます。

 

同じころリヒトの後ろに立つアスタはリヒトの持つ剣を見ながら、これが本当の姿だと感じていました。
そして自分のもつ剣にもまだ引き出せていない力や可能性があるのではないかと考えます。
悪魔の槍は打ち消せなかったけど撃ち合えたこと目を向けるアスタ。
それなら反魔法の力が弱かっただけで効果はあるのではないかと思います。

 

自分がリヒト達のように戦えるなら、魔力のない自分だから出せる力があると思い至ったアスタ。
気づくと体からは黒い気があふれ出ていました。

 

 

 

【ブラッククローバー】207の感想・考察

 

ルミエルが復活しリヒトが覚醒してからはなかなか出番のなかったアスタたちですが、ようやく参戦しだしましたね。
とはいえアスタの攻撃は効かず、ユノとパトリも活躍とはとても言い難いのですが…。
それでもなんとなく同じ空間で一緒に戦っている感じが出てきました。

 

そんな中でユノが感じたリヒトの魔力。
懐かしい…と感じていたようですが、これはやはり身内だってことの伏線なのでしょうか?
今ユノの中にエルフがいるからということではないですよね?
これだけ思わせぶりな状況がいっぱいなのだから、そうじゃないと「それじゃあユノって何者なの?」ってなります…。

 

一方でアスタもセクレに知り合いに似てるって言ってましたね。
知り合いって言っているくらいだからこちらはそれがネロだって気が付いていると思います。
じゃなかったら「誰か」って言ってそうだし。
その答え合わせがどのようなかたちでされるのかはまだわからないんですけど、その後のアスタの反応が楽しみです。
めちゃくちゃ驚くんでしょうね(笑)

 

それはさておき。
今回リヒトがエルフの仲間の魔力を集めて究極魔法を発動させました。
悪魔を一瞬で跡形もなく消す魔法…これぞエルフ族の本気と言って過言ではないほど凄い魔法でした。
500年前に悪魔が卑怯な方法で人間に襲わせたのでエルフは滅亡してしまいましたが、そうじゃなかったら絶対に人間には負けないと思います。

 

これでようやく悪魔も倒せた…と一瞬思ったのですが、まだでしたね。
ここまで消し飛んでも復活してしまう悪魔。
これはもう普通の魔法じゃ倒せないんだということなんだと思います。
アスタの反魔法なら、復活できないくらい倒すことができるのでしょうか?
出来ると思いたいのですが、リヒトの魔法でも元通りになっちゃうしつこさを考えるとすこしだけ不安です。

関連記事:【ブラッククローバー】206話ネタバレ!500年の時を越えた再会と決着をつける戦い

【ブラッククローバー】208話ネタバレ!魔法帝になるための剣を生み出すふたり

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:BookLive!

BookLive!

CMでも話題のBookLive!。

毎日引けるクーポンガチャ(無料)というシステムが面白くてしかもお得です。

また、無料最大50%OFFで読める漫画コーナーも常設されています。

2位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

3位:まんが王国

会員登録をしなくても無料で試し読みができるコミックがたくさんあるまんが王国。

無料の会員登録をすると無料で読めるコミックがさらに増えます。

また、月額コースに加入した場合は最大で3,000円分のポイントがボーナスで付くのでかなりお得です。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画全巻無料検証の杜 , 2021 AllRights Reserved.