【青の祓魔師】111話(2019年7月号)ネタバレと感想

更新日:

青の祓魔師

 

「月刊ジャンプSQ.」2019年7月号に掲載されている「青の祓魔師」111話のネタバレです。

 

110話では、イルミナティの空中要塞に行った雪男の検査結果がでて、青い炎への耐性がある事がわかりました。

さらに物質界の赤い炎、虚無界の黒い炎も効かないということです。

雪男は総帥から黒い炎と同質のアルムマヘル銃を贈られ、さらに完全なクローンを造り出すことに成功した再生医療の力で、全治4・5週間かかる腕の怪我を当日中に治してもらうことに。

 

ライトニングはドラグレスクがイルミナティと繋がっていると調べる際の暴行を問われ査問会議へ。

博士はモリナスの契約書を交わしており繋がることはできないと言われるが、契約した首から下をすげ換えて契約書を逃れた、博士の首が証拠と指摘。

しかし博士の首に違和感はなく、ライトニングは錯覚させている可能性を調べるよう訴えるが取り合ってもらえず博士の首元を攻撃。

これにより深部牢に連行。

一方、廉造から伝えられた話に驚く雪男、治った腕を見て意味を含んだ笑みを見せる、というところで終わりました。

 

111話では渦中のドラグレスク博士に動きが・・・。

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【青の祓魔師】110話(2019年5月号)ネタバレと感想

 

青の祓魔師(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「ジャンプスクエア」最新号がタダで読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:ジャンプスクエア最新号が無料で読めるサイトを調査!
関連記事:青の祓魔師が全巻無料で読めるか検証!

本ページの情報は2019年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

青の祓魔師111話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

すげ換え

「違和感とかないんですか?」

廉造はイルミナティの再生医療ですぐに完治した雪男の腕を見て驚きます。

ないと答えた雪男は、今日は何をするのかと聞くと、廉造は再生部分の運動テストが終わったら自由と答えます。

 

アルムマヘル銃の試し撃ちはまだできないのかと雪男が聞くと、急に重要な実験が決まって実験棟自体が閉鎖されたと言われます。

そして、今日も総帥が雪男に会いたがっているとも言われました。

体調がよくて機嫌がいい、と聞いて雪男はクローンのおかげで換えが聞くようになったと言っていた総帥を思い出します。

 

でも、いくらクローンがあっても自我(なかみ)が同等でなければ憑依体にはなりえないのでは?という疑問が。

廉造は、ここだけの話と雪男に耳打ちします。

「すげ換えてるらしいですよ」 

 

人体の部分再生や完全なクローン体の製造技術とかは結社の創設初期に完成していたが、悪魔の憑依体のクローンを作るのは難しく、成功したのはつい一か月前という話。

この1か月の間に、総帥は少なくとも3回は首から下を取り換えているとのことです。

 

総帥の首には、取り換えた跡がうっすらと・・・。

 

信憑性

「首をすげ換えているだなどと・・・!」 

荒唐無稽も甚だしい!とライトニングに憤る聖騎士アーサー・エンジェル。

正気とは思えない、とライトニングが作った報告書がその証拠だと言う。

 

「あろうことか・・・ この俺を・・・!」 

 

あくまで可能性を指摘しているだけとなだめられるが、可能性すら有り得ないと怒りが収まらない。

 

ここで、論点がずれているとメフィストが指摘。

議論すべきはドラグレスク博士の裏切りの審議だが、アーサーはその告発の信憑性を議論していると反論。

 

「賢聖方は何もご存じないのか?」という問いに、先代からは何も聞かされてないと言う賢聖。

先代方は青い夜からほどなく退位の意をしめし、その宸意は”我らに賢聖たる資格なし” 

 

当時はただ青い夜に責任を感じたものと思っていたと答えました。

 

この場で、唯一全てを見てきたのはメフィスト。

自分がライトニングの資料の信憑性を保証すると言います。

 

「エンジェル 当然 貴方の件も」 

 

納得できないアーサー。

メフィストに「何なら私の信憑性について議論します?」と言われ、「悪魔の新お要請など論ずるまでもない!」と怒鳴り部屋を出て行ってしまいます。

 

会議が終わり、一人残っているドラグレスク博士。

ため息をついていると「潮時です 急ぎなさい」という声と共に、パン!と何かはじけるような音が。

「・・・心得ました」 

そういうドラグレスクの首には、どうやら首に体をすげ換えたあとが・・・。

 

会議室を出た”幻霧使い”の異名を持つ四大騎士の一人、ルーシー・陽大老師。

外で待っていた竜士に弟子かと確認すると、「あの資料、いや、ライトニングをどう思う?」と問いかけます。

自分があの資料をまとめたと言い、どう思うかという問いには「とんだ人でなし」と言ってしまいました。

笑い飛ばすルーシー・陽は、肝心な時に側にいなかったのが悔しいという竜二と、竜二が電話で話していた出雲をまとめて「ついて来な」と連れ出します。

 

一方、アーサーは疲れた顔で立っていると、義兄がやってきます。

過去を覚えていないアーサーは、改めて父と母のことについて尋ねます。

 

折に触れ話してきたとして、父は悪魔憑きとなり周りの物を皆殺。

正十字騎士團が祓魔した時生き残っていたのは幼かったアーサーのみ。

魔障を負って日本のアサイラムに保護され、15歳の時に青い夜があったがそこでまた生延び、記憶はその時になくしたと言います。

 

おまえの様子を特別に思われた賢聖が引き取り、我らウザイ家がこうして育てている、と話しました。

アーサーは、自分はこの16年恩に報いるため生きてきたが、友がそれは欺瞞だと言うと思いをしゃべります。

 

「騎士団は悪魔の為に人命を軽んじていたのですか!」 

「私は あ 悪魔の・・・」 

言葉に詰まるアーサーに向かい、義兄は「正しいのは御前」と落ち着かせるように言いました。

 

 

昼食

イルミナティの空中要塞の中には緑地まであり、まるで街のよう。

雪男と廉造は、食堂で食べていくことにしました。

 

食べながら、クローン・急速再生・この船と、まるで魔法で理屈が分からないと雪男は話し、廉造が”魔法科学”って結社は言っているが自分もサッパリだと答えます。

”十分に発達した科学は魔法に見える”というクラーク三法則の三。

――つまり魔法は科学技術だといえるのか、と雪男は考えます。

 

そんな中、藤堂が雪男に声をかけてきました。

隣の席いいかと聞く藤堂、そこに「我々もご一緒して構いませんか?」となんと総帥も声をかけてきてみんなで食べることに。

 

「なぜこんな極限状態に・・・」 

そう思う雪男に、総帥は雪男を紹介してくれたのは藤堂だと話します。

総帥と出会い、楽しい十六年だったと言う藤堂は、食の進まない雪男に「イルミナティの食事は合わないかな?」と聞く。

 

「・・・まさか 空腹じゃないだけです」と、どこか含みのある答え方をする雪男に向かい「残念 君まだ正直じゃないな」 

 

正直になって自由に人生を楽しむ雪男と再会したかったという藤堂。

「僕は未だかつてないほど自由ですよ」と雪男が話してると、藤堂に声をかける人物が。

 

「セイバーお時間が」 

選ばれし者という意味のセイバーと呼ばれた藤堂は、実験準備があるので先に失礼すると言います。

藤堂に、「貴方は結社の誇りです」と言い握手する総帥。

 

「セイバー この度はおめでとうございます」となにやらお役目を果たすことになっているようです。

「なんだ・・・?この雰囲気」 

 

藤堂は、明日エリクサー最終実験の礎となると教えられる雪男。

 

礎・・・ 死ぬということです。

 

我々の目的は”あらゆるものが平等な新世界の創造”として、その為に古い世界を壊さねばならない、「すべてを破壊し再生する それこそ我々イルミナティの悲願」だと言う総帥。

 

周りの人たちはさすがだと盛り上がるが、雪男は同意を求められても黙ったままでした。

 

牢のライトニング

牢にいるライトニング。

オセオラが博士につけた”鈴”を外せと言うが、事は重大だと譲らない。

 

”鈴”がなれば追うときかないライトニングに、明日調査委員会が立ち上がり博士も軟禁されると説得。

結論が出るまでヴァチカンから出られないとなだめるが、軟禁といってもヌルい状態だからそのまま飛んでいくかもと反論。

 

すると、鈴が鳴る。

博士が移動したとわかり、竜士を呼べと騒ぐライトニング。

そこに、ルーシー・陽、竜士・出雲が到着。

 

反逆する気か、と言うオセオラに、ルーシーはドラグレスクが四大騎士に加わった時、パラディンだった獅郎の言葉を覚えてるかと問いかける。

「アイツは”善良なマッドサイエンティストだ ヘタな悪人よりタチが悪ィ」

あの言葉の意味がやっとしっくり来た、としゃべっていると、ライトニングが「ルーマニアだ」

 

「奴の根城はK.R.C.研究所だ」 

今押さえられれば決定的な証拠になる、とライトニング。

 

するとオセオラがまわりの勢いに押され、牢を開ける。

皆でルーマニア支部に行くことになったのだった。

 

―――そして、空中要塞。

封鎖された実験棟に近づく雪男と廉造。

動き出した雪男。その真意やいかに―――。

 

 

青の祓魔師111話の感想・考察

聖騎士アーサー・エンジェル

ライトニングの報告書に、アーサーの記述もあったことがわかりました。

アーサーが信じたくない”なにか”が書かれているのは間違いないですが、果たして・・・?

 

ドラグレスク博士の件と一緒なら、同じくすげ換え・・・?

それともクローンとか。

過去を覚えていないというのが辻褄があっちゃいますね。

 

義兄が出てきましたが、あつらえられた家族、賢聖がウザイ家に託したということですし・・・。

こうなると、先代の賢聖も青い夜の後退位していることから、賢聖自体も一枚かんでそうです。

 

雪男の真意

雪男がところどころ含みのある表情をみせます。

藤堂に「君まだ正直じゃない」と言われましたが、雪男の思惑とは別に、雪男自身の感情がまだまだ抑えられている気もします。

雪男自身、自分のことで戸惑いもあると思いますが、本当は何がしたいのでしょうか。

 

ひとつひとつ物語が進んでいきますが、過去が分かって新たな謎や疑問も生まれます。

ライトニングたちは博士の証拠を見つけられるのか?

アーサーの過去は?雪男の真意は??

 

次回112話でも新たな展開が楽しみすぎます。

燐やしえみたちのことも出てきてほしいですが、期待を込めて待ちたいと思います!

 

関連記事:【青の祓魔師】110話(2019年5月号)ネタバレと感想

関連記事:【青の祓魔師】112話(2019年8月号)ネタバレと感想

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:BookLive!

BookLive!

CMでも話題のBookLive!。

毎日引けるクーポンガチャ(無料)というシステムが面白くてしかもお得です。

また、無料最大50%OFFで読める漫画コーナーも常設されています。

2位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

3位:まんが王国

会員登録をしなくても無料で試し読みができるコミックがたくさんあるまんが王国。

無料の会員登録をすると無料で読めるコミックがさらに増えます。

また、月額コースに加入した場合は最大で3,000円分のポイントがボーナスで付くのでかなりお得です。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画全巻無料検証の杜 , 2021 AllRights Reserved.