【ジモトがジャパン】35話ネタバレ!梅雨のジメジメは宮崎ジモーラで吹き飛ばせ!?

更新日:

ジモトがジャパン

 

「週刊少年ジャンプ」2019年26号に掲載されている「ジモトがジャパン」35話のネタバレです。

 

梅雨の時期、毎日のように長雨が続いていました。

 

ジャパンたちはあまりに続く雨にとてもジメジメと暗い雰囲気になってしまっていました。

マスラオがハワイに行っているという知らせを受けてますますイライラしてしまう時生

雨が続いているせいで都道府拳の修行もままならないと、ジャパンたちは太陽の国 ”宮崎県”へと足を運ぶのでした。

 

年間の快晴日数が全国ナンバー2であるここ宮崎で、ジャパンたちは晴れた南国の海で遊ぶことにしたのです。

しかし、遊んでいるジャパンたちの近くには何故かハワイで遊んでいたはずのマスラオの姿がありました。

なんとマスラオは、おばあちゃんの実家がここ宮崎にあるために宮崎のビーチで過ごしていたものの、SNSであたかもハワイで過ごしているように捏造していたのです。

 

シティボーイのプライドを保つため、ジャパンたちの視線からうまく隠れてなんとかやり過ごすマスラオ。

しかし突然天候が崩れだすと、嵐のような荒れ具合となり海には小さなボートに取り残された幼い女の子が流されそうになっていました。

都道府拳で救助しようとするも、ジモーラが不足しているためになかなか助けることができないジャパン。

 

果たして、ジャパンたちは女の子を助けることができるのでしょうか?

 

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!(画バレはありません)

関連記事:【ジモトがジャパン】34話ネタバレ!ナオ倒れる!?富山の万能薬を作れ!

 

 

ジモトがジャパン35話のあらすじ(注:ネタバレあり・画バレなし)

梅雨を吹き飛ばす太陽の国

梅雨の時期がやってきました。

長雨が降り続けてかれこれ一週間が経過するなか、都道府拳部は暗くジメジメした雰囲気に呑まれていました。

 

あの陽気で明るいナオですら、ネガティブな一言をつぶやいてしまうほどのこの状況。

そんな中、ヒデがスマホでSNSを見ているとマスラオハワイを楽しんでいることが判明します。

それを聞いて益々イラついてしまう時生

 

このまま雨が続いてしまえば、都道府拳の修行もはかどらないと呟くジャパン。

そして次にこう言いました。

「行くか、太陽の国へ・・・!」

 

そう言って一行が向かったのは、宮崎県でした。

宮崎県は年間の快晴日数ナンバー2(1位は埼玉県)であり、まさに梅雨の時期でも晴れていることの多い絶好の土地でした。

ジャパンは、”東京斗神拳”秘技 "東京テレポート"を発動させることで、あっという間に東京から宮崎へとワープすることでここへ辿り付く事ができたのでした。

 

南国のビーチで水着になって皆が気持ちよくはしゃいでいると、物陰から何やら一人の男がその光景を見て驚愕していました。

「なんでアイツらがおるんじゃぁぁぁーーーー!!?」

なんと、そこには何故かハワイにいたはずのマスラオが木陰に身を潜めてこちらを伺っていたのです。

 

宮崎のシティボーイ?

何故かハワイを楽しんでいたはずのマスラオ。

正真正銘のシティボーイである彼が何故宮崎県にいたのでしょうか。

 

ここ宮崎県には、マスラオのおばあちゃんが住む家があると言うのです。

セレブのお庭であるハワイとは真逆のイメージである宮崎で過ごしているという事実に、シティボーイとしてあるまじき恥辱と感じたマスラオは全てのSNSを捏造することにします。

その結果、宮崎県にいながらもハワイを巧みに演出してやり過ごしていたのでした。

 

しかし、まさかここにジャパンたちが現れると言うことは完全に想定外だったマスラオは驚きを隠せませんでしたが、なんとしてもシティボーイのプライドを保つために隠し通すことを決意。

そこへジャパンは何かの視線を感じてマスラオの方へ向いてしまいます。

すると、すかさずマスラオはたまたま側に生えていた宮崎県の県木”フェニックスの木”が立ち並んでいたため、それに擬態することでやり過ごすことに成功します。

 

その後もジャパンはどこかにマスラオの気配を感じつつも確証を持つことができず、なんとかバレることなくその場その場を凌ぐマスラオ。

宮崎の名産である日向カボチャマンゴーキュウリチキン南蛮などによってバレずに済みますが、その後もなかなか帰らないジャパンたち。

マスラオが痺れを切らしていると、そこへ突然天候が悪化し大雨が降ってきました。

 

雨はたちまち激しくなり、雷や強風まで吹き荒れてしまい、まるで嵐のような天気へと変わってしまいました。

マスラオはこれでジャパンたちが帰宅して、宮崎滞在も未来永劫バレることなく済むと安心していたその時でした。

 

「キャアアアーーーー!!!」

 

突然女の子の泣き叫ぶ声が聞こえてきました。

なんと、荒れた海に小舟に乗った女の子が取り残されて今にも流されてしまいそうでした。

 

太陽の恵ショット

ジャパンたちも沖に流されそうになっている女の子がいるのを発見しました。

すぐさまジャパンは都道府拳を発動する準備に取り掛かります。

”宮崎拳”秘技 "都城大弓(みやこのじょうだいきゅう)" を発動するジャパン。

 

あらゆる弓道家から高い評価を得る大弓は、全国の竹弓の90%を生産していると言われる宮崎の伝統工芸品であると言います。

その立派な大弓に、宮崎の太陽の恵ジモーラを装填して雨雲に放つことで海を鎮めようという作戦でした。

しかし、ジャパンにはこの大きな雨雲を穿つほどのジモーラが溜まっていませんでした。

 

万事休すかと思ったその時、マスラオがジャパンたちの前に現れてこう言いました。

「ワシを…ッッ 放てェエエ----ッ!!!」

マスラオは、矢の代わりに自分自身を空に放てと言うのです。

 

マスラオがハワイではなく宮崎にいたことに戸惑う一同でしたが、ジャパンはすぐにマスラオの提案に乗ることにしました。

ジャパンいわく、今のマスラオは宮崎の太陽の恵ジモーラに溢れているとのこと。

今日一日宮崎の名産と共に過ごしてきたマスラオは、まさにジモーラの化身となっていたのです。

 

すぐさまジャパンはマスラオを矢がわりにし、空に向かって大弓を構えました。

”宮崎拳”奥義 "太陽の恵ショット(マスラオショット)" 

そして、雨雲に向かってマスラオを放ちました。

 

太陽の恵ジモーラであふれたマスラオが雨雲に突っ込んでいくと、そこから日の光が漏れてきました。

たちまち雨雲は散っていき、宮崎の空は快晴へと戻っていきました。

 

そして流されそうになった女の子は、ジャパンの手によって無事に助けられたのです。

女の子がお礼を言いますが、ジャパンはお礼なら天のマスラオに…と言いました。

マスラオはどこかの地元に飛んでいったのかもしれないと、その後の行方はわからずじまいでした。

 

「アイツは都会のネオンよりも輝く、太陽のような漢だったよ…!」

 

果たして、マスラオは一体どこへ行ってしまったでしょうか?

 

 

ジモトがジャパン35話の感想・考察

 

週刊少年ジャンプの地元愛異色ギャグ、第35話の感想です。

 

今回35話ではこれからやってくる梅雨の時期についてのお話でした。

雨が続くなら宮崎に行けばいいじゃない、と軽いノリでとうとう交通機関も使わずに東京テレポートと言う荒業で一瞬にして移動できてしまう都道府拳部一行でした。

東京テレポートは都内にあるりんかい線の駅名ですね(笑)

 

そしてまさかのマスラオのおばあちゃんが作中で登場しますが、なんというか随分と強そうなおばあちゃんでした。

マスラオの体格そのままなので、もしや一族全員こんな巨体なのだろうかと考えると凄いですね。

しかしさんざんシティボーイを主張してきたもののおばあちゃんの家は九州にあるという謎の設定に、マスラオはただ見栄を張りたいだけなんじゃないかと今更ながら思ってしまいますね。

 

そんなマスラオですが、女の子の危機にはシティボーイのプライドも捨てて助けることに協力します。

大弓よりもはるかに大きなマスラオをよく天高く放つことが出来たなと、ジャパンの化け物っぷりにも驚かされました。

都道府拳なのでその辺も全てなんでもアリですね(笑)

 

ちなみに、マスラオは飛ばされたあとにハワイへ辿りついていました。

シティボーイの彼らしいですが、これじゃ不法入国ですね(笑)

 

さて、今回35話にて週刊少年ジャンプの連載が終了となり、次回からは最強ジャンプへの連載と移籍が決まったジモトがジャパン。

こちらでのネタバレ記事は都合により今回で打ち切りとさせていただきますが、ジモトがジャパンはアニメも移籍後の連載でもまだまだ続きます。

気になる方は是非チェックしてみてくださいね!

 

関連記事:【ジモトがジャパン】34話ネタバレ!ナオ倒れる!?富山の万能薬を作れ!

 

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:BookLive!

BookLive!

CMでも話題のBookLive!。

毎日引けるクーポンガチャ(無料)というシステムが面白くてしかもお得です。

また、無料最大50%OFFで読める漫画コーナーも常設されています。

2位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

3位:まんが王国

会員登録をしなくても無料で試し読みができるコミックがたくさんあるまんが王国。

無料の会員登録をすると無料で読めるコミックがさらに増えます。

また、月額コースに加入した場合は最大で3,000円分のポイントがボーナスで付くのでかなりお得です。

-男性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画全巻無料検証の杜 , 2021 AllRights Reserved.