【テリトリーMの住人】29話(6月号)ネタバレと感想

投稿日:

テリトリーMの住人

「別冊マーガレット」2019年6月号に掲載されている「テリトリーMの住人」29話のネタバレです。

前回28話では、瑛茉が穂積の家に遊びに行ったのではないかともやもやしていた宏紀。

そんな時に偶然、瑛茉と穂積がご飯を食べている場面に遭遇してしまいます。

宏紀は落ち込みますが、「瑛茉の口から本当のことを聞きたい」と思い、先に出た2人の後を追います。

すると瑛茉から公園に呼び出され、誤解だと聞いた宏紀は安心し、滑り台の上でそっと抱き合います。

確実に距離が近付いた2人ですが、穂積の瑛茉に対する気持ちに周りは気づき始めていて…という内容でした。

ネタバレを含んでいるので気になる方は注意してください!

 

テリトリーMの住人(記事一覧ボタン)

\他の話もチェック!/

 

やっぱ絵付きで読みたいあなたへ

U-NEXTには31日間の無料期間があり、即座に600Pもらえます。

このキャンペーンを利用すると漫画雑誌「別冊マーガレット」最新号が無料で読めます!

 

\公式で安心して読める/

※無料期間中に解約すると月額料金は一切発生しません

 

関連記事:別冊マーガレット最新号が無料で読めるサイトを調査!
関連記事:テリトリーMの住人が全巻無料で読めるか検証した結果!

本ページの情報は2020年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

「テリトリーMの住人」29話のあらすじ(注:ネタバレあり)

―瑛茉の気持ちは?

今日も練習前に瑛茉が足を運んでくれて、喜ぶ宏紀。

滑り台で抱き合ったことを思い出し、「期待してもいいのかな…」と帰る瑛茉の後ろ姿を見つめます。

今までにないくらい距離が近付いている気がする――

 

一方、瑛茉はのえるとカフェでお茶をします。

瑛茉から、今日も宏紀の練習を見に行っていたと聞いたのえるはそわそわ。

実は穂積の瑛茉への気持ちに気付いており、宏紀の気持ちも知っているため、3人の恋の行方を心配しているのです。

「宏紀のこと好きなの?」と聞きたくても、どちらの肩を持つことが出来ないため、結局聞けません。

試合開始

後日、宏紀の練習試合を瑛茉とのえるの2人で見に行きます。

瑛茉が来てくれて喜ぶ宏紀。小さく手を振り合います。

以前、「宏紀の気が散るから来ないで欲しい」と以前マネージャーに言われてしまった瑛茉。

ですが、「宏紀は集中力が凄いから大丈夫」と彼を信じて欲しいと告げたのです。

 

瑛茉の言う通りで、試合が始まるとコート外の一切が見えないくらいに集中してプレーをする宏紀。

その姿を瑛茉は愛おしそうに見つめます。

そして、そんな瑛茉を偶然来ていた穂積が複雑な顔で見つめているのでした。

 

翌日、また瑛茉は体育館を訪れると、宏紀のファンに囲まれてしまいます。

瑛茉と宏紀の距離に周りも気付いているようです。

付き合っていないことを確認したファンは宏紀のことを「弟キャラですもんね!」と安心するのですが、それを密かに聞いていた宏紀は落ち込みます。

 

穂積の気持ち

一方、穂積はカフェで一人ぼーっとしており、瑛茉が全く自分になびかないことに頭を悩ませます。

瑛茉に意識されるどころか、何をやっても照れてすら貰えないのです。

 

そんなことを考えていると、カフェの外で、瑛茉が男に絡まれているのを目撃します。

すぐに助けに行き、瑛茉に話し掛けると、瑛茉が「ちょうど良かった」とノートのコピーを差し出します。

 

手を怪我したことで瑛茉にあれこれ頼っていた穂積ですが、実はもう治りかけており、申し訳なさそうに受け取ります。

そんな穂積を見ながら、「今日初めて穂積と話した」と言う瑛茉。

休み時間や昼休憩も席におらず、先日皆で遊んだ時も急に帰った穂積を心配し、「家のことで何か…?」と尋ねます。

心配されて内心喜ぶ穂積。

 

「お前がじっと宏くんに見入ってるとこを見たくなかったんだよ」

瑛茉にそう言えればいいのですが、穂積は話をそらして、瑛茉の母親の様子を聞きます。

「さあ、この前先生に送られてきたみたいだけど」

心配する穂積を見て、瑛茉は平気と微笑みます。

 

「穂積言ったじゃん。その気になれば独立できるって。確かにそうだなと思って。」

「だからいいの。万が一の時はそうする。もう気にしない」

 

強い目をして言う瑛茉を見ながら、穂積は「なんでそんな強いんだよ」と呟きます。

郁磨に失恋してボロボロ泣いていた瑛茉を知っているからです。

そんな失恋からも立ち直り、郁磨とのえるの仲も取り持って、今度は自分も新しい恋をしようとしている。

そんな瑛茉の強さに、穂積は惹かれているです。そして穂積は口を開きます。

 

「つきあって。前にも愚痴吐きたい時はつきあってくれるって言った」

急な提案に驚く瑛茉。

 

「最後だからつきあってよ」

 

そこまで言われた瑛茉は了承しましたが、向かった先は映画館。その後もハンバーガーショップや買い物に付き合うことに。

よく分からないながらも楽しむ瑛茉の横顔を見ながら、穂積は僅かな希望にかける決意をします。

告白

「好きなんだ」

 

帰り道、線路沿いを歩く途中で穂積は瑛茉に思いを告げます。

「冗談と思っているかもしれないけど、そうじゃない。何度考え直してみてもやっぱ好きなんだ、お前が」

「会ってたら楽しいし、別れたらすぐ会いたくなるし。悩んでたら何とかしてやりたいって思うし、笑ってたらすげー嬉しくなる」

 

穂積の思いは止まりません。

瑛茉の手を取り、「とりあえずでいいから付き合って欲しい」と瑛茉に伝えます。

 

「もしどうしても気が変わらない時はやめていいから…」

穂積の真剣な思いを聞き、瑛茉は宏紀のことを思い出します。

そして、できないよ…」と呟きます。

 

好きな人がいるのかと穂積に聞かれる瑛茉。

 

瑛茉は少し考え、「好きだと思う。はっきりそう思ったことはなかったけど」と答えます。

宏紀への思いは、ゆっくりゆっくり積み重ねて生まれた思いなのです。

 

「それってひろくん…?」

瑛茉が首を縦に振ると、穂積は頷き、その場を立ち去ろうとします。

瑛茉は穂積を呼び止め、好きになってくれたお礼を言います。

恋愛とは違うけど、大事な存在だったと伝えます。

 

穂積はぎゅっと瑛茉を抱き締め、「バーカ」と呟き、走り去ります。

 

好きになって良かった

駅に着いた穂積は、瑛茉への失恋で涙を流してしまいます。

恋なんてしなければ良かった…そう思っていると、女性とぶつかります。

なんと、昔付き合っていた花蓮だったのです。

 

お互いの近況を話した後に、実は穂積のことを長い間引きずっていたと話す花蓮。

失恋の辛さを知ったばかりの穂積は「俺のことなんか好きになんなきゃよかったね」と謝ります。

 

しかし、花蓮が「それは違うよ」と遮ります。

 

「好きになったことは後悔してないし、短い間でも付き合えて嬉しかった」

「そして、すごく悲しかったぶん、それだけ自分が穂積のことを魅力的に感じていたということだよ」と優しい表情で言います。

 

だから全然後悔してません!と言う花蓮に、お礼を言う穂積。

 

「俺もいつか、あんな風に言えるようになるのかな……」

 

そう考えながら、寒空の中月を見上げる穂積でした。

 

「テリトリーMの住人」29話の感想・考察

 

思いを自覚した瑛茉

男の親友だと思っていた穂積から、思いを告げられた瑛茉。

宏紀のことを聞かれたことがきっかけで、やっと自分の思いを自覚しましたね。

とっくに思いを自覚しているとかと思っていましたが、傍にいるのが当たり前になっていたせいで、

なかなか気付くことができなかったようです。

ですが、これでやっと三角関係に終止符が打たれるのでしょうか。

瑛茉は一歩踏み出すことができるのか?

自分の気持ちを自覚したものの、瑛茉はすぐに行動するのでしょうか。

想いを告げてくれた穂積への遠慮もあるでしょうし、宏紀のファンや、好意を寄せるマネージャーもいます。

一度彼女じゃないと言ってしまった気まずさもありますよね。

まだまだすれ違う要素がたくさんありそうです。

早く両思いになって、仲良くする2人が見たいですね。

次回30話が気になりますね!

関連記事:【テリトリーMの住人】30話(7月号)ネタバレと感想

 

 

ピックアップコンテンツ〜随時更新〜

おすすめ電子マンガサービス

1位:BookLive!

BookLive!

CMでも話題のBookLive!。

毎日引けるクーポンガチャ(無料)というシステムが面白くてしかもお得です。

また、無料最大50%OFFで読める漫画コーナーも常設されています。

2位:eBookJapan(イーブックジャパン)

電子書籍サービスの老舗「eBookJapan」

2000年から電子書籍ストアを運営している電子書籍界の重鎮。

月額利用料が無料にもかかわらずタダで読めるマンガは9,000作品以上もあります。

ライトユーザーには一番おすすめできるサービスとなっています。詳しくは詳細ページへ。

3位:まんが王国

会員登録をしなくても無料で試し読みができるコミックがたくさんあるまんが王国。

無料の会員登録をすると無料で読めるコミックがさらに増えます。

また、月額コースに加入した場合は最大で3,000円分のポイントがボーナスで付くのでかなりお得です。

-女性誌漫画ネタバレ
-,

Copyright© 漫画全巻無料検証の杜 , 2021 AllRights Reserved.